ユーザーエクスペリエンスデザイン

MeetUpシールがとことん簡単に作れるプロダクトの話 -前編-

突然ですがシールの作り方、わからなくないですか!?

ラクスルなら誰でも簡単にデザインできるサービス担当の武政です。

弊社でもミートアップや勉強会がよく行われていますが
企画にステッカーがあると一体感がでてテンションも上がりますよね。

でも忙しい中でデザイナーさんにお願いするのは申し訳ない…外注だと予算もかかる…
そんなお悩みの声に応えて、パパッとステッカーを制作できるプロダクトをリリースしました!

オンラインデザインのシール・ステッカー・ラベルです。

  • 円形、正方形、長方形が合計9サイズ
  • シール・ステッカーのテンプレートも約300点公開(2018/11現在)

MeetUp用のシールを作ろう!

私もオンラインデザインで、リリース記念のシールを作ってみました

MeetUp用シールの無料デザインテンプレートも公開!

ミートアップですぐ使えるテンプレートも用意しました!
ぜひロゴやテキスト入れて遊んでみてください。
※画像をクリックするとオンラインデザインに遷移します

①ミートアップ:おしゃれ  (円形 直径50mm)
円形はPCに貼るには定番ですね

テンプレート編集はこちらから>>

②ミートアップ:シンプル (正方形 50*50mm)
ロゴを置いて、背景色をロゴ内の色に変えるだけでそれらしくなります

テンプレート編集はこちらから>>

シールでこんな遊び方も!?

少年時代に熱中したキラキラ風シールも作れちゃいます。
③キラキラ風シール:※ホログラム加工ではありません (正方形 50*50mm)

テンプレート編集はこちらから>>

シールになった弊社CTOもニッコリ。

シール制作プロセスの何をシステムで解決したのか?

シールのデータ制作はコンテンツとしては驚くほど簡単ですが
制作データの構造が難しいという不思議な商品です。

  • 具体的に難しいポイントは「カットパス」データの作成
  • カットパスとはシールの形に切り抜くためのパスデータのこと
  • カットパスと聞いた瞬間に印刷業界以外の方は「んんん?」となりますよね

デザイナーさん以外にはこの「カットパスの理解と制作」が難しい。
これがシール作成における「できる/できない」を決定づける障壁です。


システムが解決したシール制作者の課題は「カットパスをつくる必要がない」という部分です。
これには制作が簡単になることに加え、制作作業の大幅な短縮効果があります。

このようにしてシールが簡単に作ることができるプロダクトができました。
ぜひお試しください!
https://raksul.com/online-design/sticker/

もっとディープな技術の話は、後編をお楽しみに!
「後編:シール開発は”SVG”と”WYSIWYG”が肝だった話」

ラクスルではエンジニアを積極採用しています

ラクスルは画像処理や印刷技術、SVGに関わる開発ができるレアな環境です。
興味を持たれた方は是非一度オフィスに遊びにいらしてください!