Hi, everyone!

物流のハコベルでVPoEをやっている石川です。

RALSUL Advent Calendar12日目はRAKSUL Indiaからの投稿になります!

ラクスルにはベトナムとインドに開発の拠点がありますが、私たちハコベルのチームにはRAKSUL Indiaから2名のメンバーがJOINしています。

1名はQAチームのQAエンジニア、もう1名はOptimizationスクラムチームのBackendエンジニアです。

それぞれ日本とインドのMixチームになっており、チーム内でのコミュニケーションは基本的に英語で行っています。

それぞれのチームに関わるメンバーも、そうではないメンバーも様々なメンバーが積極的に英語を学んで触れようとしているのがハコベルのチームの特徴の一つかなと思います。

(会社から提供されるEnglish Lessonには1on1とグループレッスンがあり、なんとハコベルは3つのグループレッスンが開催されています!)

そんな私たちのGrobal Teamから、今日はRAKSUL IndiaのNidhiが記事を書いてくれました。

RAKUSLに入る前、入ってから感じたこと、活躍するために必要だと感じていることなどを綴ってくれています。

それでは行って見ましょう、Let’s get started!

Introduction

Hello there, I am Nidhi Jain, a Software Engineer II -QA Automation from India in the Hacobell division of the Raksul team. I have joined Raksul in Feb 2021 and during my time here it has always been a pleasure to work with my first overseas team. I am always a voracious person and interaction is the key in my life. Before joining Raksul, I was skeptical about joining the organization knowing the fact that there might be difficulties in communication due to language differences, but I took a leap of faith and decided to join Raksul as I was very much moved by the vision and the work being done by the company.

Learning about different cultures

My initial days were filled with friendly people from both Japan and India. The onboarding was exciting as I got to meet new people from different cultural and geographical backgrounds. Working with most of the Japanese members, some of them had lived abroad and many of them knew Japanese and English. I think it is a very good experience to learn about various cultures from my colleagues at work whether it be any festivals or games from either India or Japan.

Promoting yourself is important

While working for Raksul, I felt that it was very important to be able to promote yourself in order to move ahead. If you can’t speak up in meetings and show your achievements and opinions, It becomes difficult to thrive in the company. Here at Raksul not only does your opinion matter but you also get to implement things and ideas of your own.

Mob Programming

Mob programming is a development method in which multiple people gather together to write and give instructions while looking at a single screen. During my onboarding, mob programming helped me in understanding the framework and workaround. The culture of mob programming is not limited to onboarding but helps in code reviews, code enhancements, and debugging.

Proactive attitude

Although Raksul provides many training opportunities, it is important to always have an attitude of learning on your own. Rather than slowly training new workers, it’s better to be engaged in learning by doing small tasks which gradually helps to build understanding around the product. It’s a world where results are everything, rather than hard work being evaluated. It is necessary to think about how to work and act proactively in order to achieve the required results. If you want to work in a foreign company and get ahead in your career, you need to have a proactive attitude at all times.

There is a tendency to emphasize individual performance more than teamwork results. There is an atmosphere that if you get stuck on some problem there are always colleagues who help you in solving that, making Raksul a very collaborative workplace.

終わりに

今日はRAKSUL Indiaからの記事をお届けしましたが如何でしたか?

私自身、ハコベルに異動してきてRAKSUL Indiaと一緒に働き始めて一年になり、実感することは、日本とインドそれぞれ全然違う文化、考え方を持っており、働き方のスタイルも大きく異なるということです。

それでもそれぞれの文化、考え方を尊重しながらチームとして素晴らしいアウトプットが出せるチームになっていると感じています。

それは冒頭でも述べた通り、日本のメンバーが積極的に言語を習得しようとしてくれることはもちろんですが、言語だけではなくお互いの違いを理解しあおうとする姿勢、コミュニケーションを諦めず丁寧に行ってきたことが結果として良いチームを作っているのかなと感じています。(これはもちろん、グローバルチームだけではなくて日本内のチームでもいえることですね。)

ラクスルには(もちろんハコベルにも)インドだけではなくHead Quarterにも多国籍なメンバーが所属していますが多様なメンバーがチームとして大きなものを作り出せるのは素晴らしいことですね。

これから1週間程度、ハコベルの各チームからの記事が続きますが、ハコベルで使っている技術や開発の進め方など様々な記事が公開されていくので是非お楽しみに!

 

最後に、ハコベルでは「物流の次を発明する」チャレンジをテクノロジーの力で推進していくべく、新しい仲間を募集しています!

少しでも興味を持った方、私やプロダクトオーナーの宮武とカジュアルにお話ししませんか?

転職の意思がなくても、お気軽にこちらからエントリーください!(カジュアル面談だけでも可能です)

ラクスルの新聞折り込み、ポスティング、DMなどの集客支援商材をメインで担当。エンジニアリングマネージャしつつ、自身も開発に携わってます。ラクスルではRailsの開発がメイン。きちんと効果が見える新しいオフライン広告を目指して日々奮闘中!

2021.12.12 #Culture
112

Tiny Changes, Remarkable Results

この記事のURLをコピーする
この記事をシェアする ツイート シェア はてな