新しいIDCFクラウドを使ってみた


新しいIDCFクラウド

IDCフロンティアが今日「IDCFクラウド」を公開しました。
クラウドWatch | IDCフロンティア、セルフサービス型IaaSをリニューアル
CNET | DCフロンティア、よりパワフルな新クラウドサービス「IDCFクラウド」を提供開始
マイナビ | IDCフロンティア、月額500円からの新クラウドサービスを発表
日経新聞 | ヤフー系、格安クラウド アマゾンの4分の1
月額500円ならクラウドなんて怖くない!っということで「IDCFクラウド」に登録してみました。

新規登録

ログイン情報

IDCFクラウド 新規登録から新規会員登録できます。
IDCFクラウド 新規会員登録

電話認証

IVR認証が必要なので携帯電話番号を入力して、電話してもらうかSMSを送ってもらいます。
IDCFクラウド 電話認証
電話は面倒なので「SMS確認」を選びました。
IDCFクラウド IVR認証
無事SMSが届きました。
IDCFクラウド SMS
+44からメールが来たのでUKからのSMSですね。国際SMSをブロックしてる人は注意が必要です。

メール送信

「認証する」ボタンを押すとメアドの確認画面が表示されます。
IDCFクラウド メール送信
メールが届いてるのでリンク先をクリックしてメールアドレスを認証します。
IDCFクラウド メール認証

登録完了

登録完了画面が表示されます。
IDCFクラウド 登録完了
「ログイン画面へ」をクリックしてログイン画面に行きます。

アカウント情報

ログイン

会員登録時に登録したログインIDとパスワードを使ってログインします。
IDCFクラウド ログイン

アカウント情報

アカウント情報入力画面が出るので入力していきます。個人の場合は会社名に個人名を入れればOKです。
IDCFクラウド アカウント登録
基本情報を保存すると次に支払い方法を入力します。手っ取り早くクレジットカードを登録しました。
IDCFクラウド 支払い方法

クーポンコード

IDCFクラウドはキャンペーンをやってるのでキャンペーンコードを入力します
IDCFクラウド キャンペーン
■キャンペーン期間:2014年10月15日~11月14日17時
■クーポンコード:「JE0-O6M3I8B1CZC1」
IDCFクラウド クーポンコード
登録が完了すると画面に反映されます。
IDCFクラウド クーポン

仮想サーバー構築

上のバーからコンピューティングを選びます。
IDCFクラウド メニュー
「仮想マシン作成」を押します。
IDCFクラウド 仮想マシン
仮想マシンタイプを選びます。ここでは月額200円のVMを選びます。
IDCFクラウド 仮想マシンタイプ
イメージの選択ではCentOS7.0が選べます。
その他にRed Hat Enterprice Linux、Windows、Ubuntuから選べます
IDCFクラウド イメージ CentOS
ボリュームは追加容量なしの15GBにします。
これが月額300円となりVMとあわせて月額500円のミニマム構成になります。
IDCFクラウド ボリューム
次にSSHの鍵を登録します
IDCFクラウド SSH鍵登録
仮想マシン台数と詳細の設定をして、確認画面に進みます。
IDCFクラウド 仮想マシン台数
月額500円であることを最終確認して、いざ作成、、、
IDCFクラウド 概算料金
ものの数秒でできました。
最初はStoppedと表示されてますが、、、
Screen Shot 2014-10-15 at 22.19.52
すぐに起動してRunningに変わります。
IDCFクラウド VM Running...
仮想マシン名をクリックすると各種起動や停止や削除が行えます。
IDCFクラウド 電源
スペックアップは無停止で行けるようです。
スペックダウンは停止が必要なので要注意です。
IDCFクラウド リサイズ
怖い怖い削除画面はこんな感じです。
IDCFクラウド 削除
UIは非常にわかりやすい印象です。

サーバーにログイン

サーバーにログインしてみましょう。
左メニューのIPアドレスをクリックするとIPアドレスが表示されます。
登録時に無料で1つのGlobal IPが振り当てられます。
ポートフォーワードの設定をしてないのでまだこのままだとVMにSSHでアクセスできません。

ファイアウォール

network1をクリックし、まずファイアウォールの設定をします。
SSHのデフォルトポートの22だと攻撃が怖いので、適当なポート番号を登録します。
IDCFクラウド ファイアウォール
ついでにHTTPやHTTPS、必要に応じてDNS等のポートを開いとくと公開時に再設定せずに済みます。
IDCFクラウド ファイアウォール2

ポートフォワード

ファイアウォールで設定したポートをVMの22番ポートにポートフォワードします。
左がプライベートポートで右がパブリックポートなので注意が必要です。
IDCFクラウド ポートフォワード
ssh configを設定し、ssh接続します。

$ cat config
Host ws1
    HostName        210.140.XXX.XXX
    User            root
    IdentityFile    ~/.ssh/id_rsa
    Port            10022
$ ssh ws1
    ________  ______   ______                 __  _
   /  _/ __ \/ ____/  / ____/________  ____  / /_(_)__  _____
   / // / / / /      / /_  / ___/ __ \/ __ \/ __/ / _ \/ ___/
 _/ // /_/ / /___   / __/ / /  / /_/ / / / / /_/ /  __/ /
/___/_____/\____/  /_/   /_/   \____/_/ /_/\__/_/\___/_/

無事繋がりました。
CPU INFO見てみました。

[root@ws1 ~]# cat /proc/cpuinfo
processor	: 0
vendor_id	: GenuineIntel
cpu family	: 6
model		: 58
model name	: Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2680 v2 @ 2.80GHz
stepping	: 0
microcode	: 0x427
cpu MHz		: 2800.000
cache size	: 25600 KB
physical id	: 0
siblings	: 1
core id		: 0
cpu cores	: 1
apicid		: 0
initial apicid	: 0
fpu		: yes
fpu_exception	: yes
cpuid level	: 13
wp		: yes
flags		: fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic sep mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush dts mmx fxsr sse sse2 ss syscall nx rdtscp lm constant_tsc arch_perfmon pebs bts nopl xtopology tsc_reliable nonstop_tsc aperfmperf pni pclmulqdq ssse3 cx16 pcid sse4_1 sse4_2 x2apic popcnt aes xsave avx f16c rdrand hypervisor lahf_lm ida arat epb pln pts dtherm fsgsbase smep
bogomips	: 5600.00
clflush size	: 64
cache_alignment	: 64
address sizes	: 40 bits physical, 48 bits virtual
power management:

メモリ

[root@ws1 ~]# free -m
             total       used       free     shared    buffers     cached
Mem:           987        163        823         12          0         54
-/+ buffers/cache:        108        878
Swap:            0          0          0

Swap領域はありません。
HDD

[root@ws1 ~]# df -h
Filesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/sda2        15G  1.2G   14G   8% /
devtmpfs        489M     0  489M   0% /dev
tmpfs           494M     0  494M   0% /dev/shm
tmpfs           494M   13M  481M   3% /run
tmpfs           494M     0  494M   0% /sys/fs/cgroup
/dev/sda1       497M   80M  418M  16% /boot

14GB近く空きがあります。
1GBのファイルを書き込んでみました。

# dd if=/dev/zero of=tmp ibs=1M obs=1M count=1024
1024+0 records in
1024+0 records out
1073741824 bytes (1.1 GB) copied, 3.09237 s, 347 MB/s

ちょっぱやです。

ベンチマーク

IDC Frontier Engineers’ Blog – UnixBenchでベンチマークに習いベンチマークしてみます。

========================================================================
   BYTE UNIX Benchmarks (Version 5.1.3)

   System: ws1.cs7cidcfcloud.internal: GNU/Linux
   OS: GNU/Linux -- 3.10.0-123.6.3.el7.x86_64 -- #1 SMP Wed Aug 6 21:12:36 UTC 2014
   Machine: x86_64 (x86_64)
   Language: en_US.utf8 (charmap="ANSI_X3.4-1968", collate="ANSI_X3.4-1968")
   CPU 0: Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2680 v2 @ 2.80GHz (5600.0 bogomips)
          x86-64, MMX, Physical Address Ext, SYSENTER/SYSEXIT, SYSCALL/SYSRET
   22:59:01 up 34 min,  1 user,  load average: 0.37, 0.14, 0.08; runlevel unknown

------------------------------------------------------------------------
Benchmark Run: Wed Oct 15 2014 22:59:01 - 23:28:08
1 CPU in system; running 1 parallel copy of tests

Dhrystone 2 using register variables       11813007.0 lps   (10.1 s, 7 samples)
Double-Precision Whetstone                     1149.6 MWIPS (12.4 s, 7 samples)
Execl Throughput                                784.1 lps   (29.9 s, 2 samples)
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks        340887.9 KBps  (30.1 s, 2 samples)
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks           94559.9 KBps  (30.1 s, 2 samples)
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks        903550.8 KBps  (30.1 s, 2 samples)
Pipe Throughput                              638066.1 lps   (10.1 s, 7 samples)
Pipe-based Context Switching                 126273.7 lps   (10.1 s, 7 samples)
Process Creation                               4164.5 lps   (30.1 s, 2 samples)
Shell Scripts (1 concurrent)                   1565.7 lpm   (60.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (8 concurrent)                    212.6 lpm   (60.1 s, 2 samples)
System Call Overhead                         873643.2 lps   (10.0 s, 7 samples)

System Benchmarks Index Values               BASELINE       RESULT    INDEX
Dhrystone 2 using register variables         116700.0   11813007.0   1012.3
Double-Precision Whetstone                       55.0       1149.6    209.0
Execl Throughput                                 43.0        784.1    182.3
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks          3960.0     340887.9    860.8
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks            1655.0      94559.9    571.4
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks          5800.0     903550.8   1557.8
Pipe Throughput                               12440.0     638066.1    512.9
Pipe-based Context Switching                   4000.0     126273.7    315.7
Process Creation                                126.0       4164.5    330.5
Shell Scripts (1 concurrent)                     42.4       1565.7    369.3
Shell Scripts (8 concurrent)                      6.0        212.6    354.3
System Call Overhead                          15000.0     873643.2    582.4
                                                                   ========
System Benchmarks Index Score                                         471.4

リソースリミット

クラウドとはいえ無限ではありません。
リソースリミットってとこから制限が見れますが、、、
IDCFクラウド リソースリミット
ほぼ無制限!!

以上でーす。そろそろ日付変わっちゃうのでブログ公開しちゃいますっ!