Object Storageを使ってみた (その1)


Object Storageとは

オブジェクトストレージ(Object Storage)とはIDC Frontierが提供するIaaS(Infrastructure as a Service)型のオンラインストレージサービスです。ラクスルではIDCFでサーバーを使っているため4月に提供開始されたObject Storageを使ってみることにしました。

そもそもObject StorageはAmazon S3 API互換相当でREST APIに対応しています。
ま、ざっくり言うとAWSのS3です!
国内にはこのようなS3的なサービスが色々あります。

会社名 サービス名 URL
Amazon Web Services, Inc. Amazon S3 http://aws.amazon.com/jp/s3/
IDC Frontier Inc. オブジェクトストレージ http://www.idcf.jp/cloud/storage/
NTT Communications Object Storage http://www.ntt.com/cloudn/data/storage.html
SAKURA Internet Inc. BASE Storageβ http://storage.sakura.ad.jp/
NIFTY Corporation ニフティクラウドストレージ http://cloud.nifty.com/storage/
IIJ Inc. IIJ GIOストレージサービス FV/S http://www.iij.ad.jp/biz/storage/fvs.html

なぜObject Storageなのか

ラクスルでは印刷データをお客様とやり取りしますが、その印刷データが重たいんです。
AiやPhotoshopやPDFで入稿されるデータや、印刷用・お客様確認用に変換したデータなど様々な印刷に関わるデータがあり、データ容量も多くなります。

また、会社の封筒や名刺など、一度印刷した物を再印刷することも多く、その際はデータアップロードや確認の手間を省くために過去に印刷したデータを用いることのできる「ワンクリック増刷」という機能があります。

ワンクリック増刷

そこで価格面と堅牢性の両方の面からObject Strageを利用することにしました。

Object Storageの利用方法

利用方法は至ってシンプルでIDCFに契約してる場合はコンパネから右上のオブジェクトストレージリンクをクリックするだけです。
IDCFに登録してない場合は登録する必要があります。
50GBは利用無料なのでテストするのにお金がかかりません!

管理画面

管理画面

価格比較

気になるお値段ですが、価格をざっくり比較してみました

会社名 サービス名 価格
Amazon Web Services, Inc. Amazon S3 3.33円/GB※1
IDC Frontier Inc. オブジェクトストレージ 7.8円/GB
NTT Communications Object Storage 8.6円/GB
SAKURA Internet Inc. BASE Storageβ β版の為無料※2
NIFTY Corporation ニフティクラウドストレージ 11円
IIJ Inc. IIJ GIOストレージサービス FV/S 28円/GB※3

※: 別途転送料かかります
※1: $1 = 101円の時
※2: 8末までβ版の為保証対象外
※3: 初期費用2万円 + 100GB毎契約 + 容量変更5,000円

いやーAWSは非常に安いですよね、、、

AWS S3の価格推移

日付 旧価格 新価格
2012/02 $0.15 $0.13
2012/11 $0.13 $0.10
2014/03 $0.10 $0.033

今年3月に価格改訂してしれっと67%引きとかにしちゃってて驚愕してました。